ADRC概要 会社概要 ADRC概要 会社概要
Auto-Distubans-Rejection-Controller

 今日急速に高速化しているコンピュータの爆発的な普及は、制御にとって単なる数値計算の速さを追加したことにとどまらず、制御業界の変革の触媒として大きな影響を及ぼしている。そのような変化の中、デジタル制御器をあらゆる分野に適用する動きが活発化し、中でも特にモデルに依存しない実用的で効率も高い汎用的な新型デジタル制御器が、制御業界において重要な技術となっている。

 最適ADRC (Active-Disturbance-Rejection-Control)は1940年代から制御器を支配してきたPIDの“モデルに依存しない”長所と現代制御理論のシステム分析技術を見極め、従来のプロセス制御を支配してきたPIDを替代する新型デジタル制御装置である。

PID & ADRCの性能比較
制御方式 性能 欠点
PID制御 1940年代に開発された現代プロセス制御の主流になっているPID(Proportional・Integral・Derivative:比例・積分・微分)制御理論。数学モデルに依存しない特徴。 制御対象の“目標信号”と“実際の挙動信号”の簡単な処理が欠点
現代制御 1960年代に大きな発展を遂げた制御対象の正確な数学モデル(状態空間モデル)に基づいた現代制御理論。 実際の制御において個々の制御対象の適切な数学モデルを抽出することは困難であるのが欠点。
新型制御 1980年代から、世に出始めた数多くの“新型制御”方法- “先進型制御方法”。 “モデル作成”、“システムの認識”等の複雑なプロセスが採用されたため、制御のアルゴリズムが複雑になるのが欠点。
最適ADRC制御 20世紀の制御をずっと支配してきた上記の従来制御の長所短所を見直し、21世紀の新型制御器ー最適ADRC制御技術を提案する。

制御対象に対する現代制御理論に基づくシステム分析技術と現代の信号処理技術を組み合わせ、PID制御の“モデルに依存しない”長所を継承しつつ、従来のPID制御が実現できないよりもい性能を持つ実用的な新型デジタル制御理論。

数学モデル依存しない最適且つ自動的に外乱の排除ができるフィードバック制御技術。
パラメータの物理意味がPIDとは少し差異があり、ユーザが早く把握できない。