会社概要 会社概要

最適ADRC制御技術は、20世紀をずっと支配してきたPID制御や近年普及しているファジィ制御の外部条件の変化(外乱)による温度変動に弱く、特に設定室温からのずれを修正する速度を上げると設定値を行き過ぎてしまう現象(オーバーシュート)が避けられず、再修正に無駄なエネルギーを消費する短所を見極め、制御対象の数学モデル依存しない、最適且つ自動的に外乱の排除ができる革新的な新型デジタル制御技術である。

最適ADRC制御技術の九個の特徴
  • 制御対象モデルに独立した非線形固定構造である。
  • 迅速で、オーバーラン、静的誤差が少ない制御ができる。
  • パラメータの物理意義が明確のため、パラメータの調整が容易である。
  • アルゴリズムが簡単なため、高速で且つ高精度な制御を実現可能な理想的なデジタル制御である。
  • 外乱を測定する必要もなく、その外乱の影響が排除できる。
  • モデルの線形、非線形、定常、非定常とは無関係である。
  • 制御対象モデルが既知であればもっと良いが、未知でもかまわない。
  • 大時間遅れ制御対象モデルの制御が容易にできる。
  • ディカップリング制御が特に簡単である。